日本のPCR検査は十分か 濃厚接触者を検査して感染の連鎖。何方もこれが専門家。松本哲哉さんを専門家としてどう思いますか

岡田晴恵さんと比べてどうですか 新型コロナウイルスの
PCR検査について
以下のように言ってる

日本のPCR検査は十分か の疑問を徹底解説 新型コロナ診断現場の実情
3/18(水) 21:45配信

日本では、新型コロナウイルスへの感染の有無を調べる「PCR検査」の数が少ないと一部から批判が上がっている ただ、ここで問題とすべきなのは、WHOが指摘する「疑わしい人」を検査できているのか、できていないのかという部分のはずだ

日本の医療現場では、PCR検査を実施するまでにどのような判断がなされているのだろうか 国際福祉大学病院の感染症科で診療にあたる、松本哲哉教授に話を聞いた

(中略)

日本の検査の現状は

日本では、発熱や咳程度の軽症者であれば、濃厚接触者の間での感染の連鎖を調べたり、クラスターの広がりを確認したりする目的が無い限り、現状ではPCR検査は行われない 松本教授も「軽症例であれば、ある程度対症療法で治るので、診療上検査することに意味はありません」と話す

一方で、肺炎患者では検査の意味が変わる

「新型コロナウイルスを原因とする肺炎の中には、短期間で悪化してしまうものもあります 比較的軽い肺炎でも、疑いが出たときに細菌性肺炎やマイコプラズマ肺炎などと区別をつけて注意しておく意味で、検査を行う意味は大きいといえます」(松本教授)

では、現在の日本では、WHOの言うように「疑わしい人」を検査できているのだろうか

松本教授は、

「少なくとも、原因が分からない重度の肺炎患者はPCR検査で追えていると考えられます 肺炎の患者が原因不明のまま亡くなっている例が多数あるとは考えにくい 医師も自分の病院で新型コロナウイルスの感染が広がってしまうと大変なので、原因不明の肺炎については検査依頼を出しているはずです」

と話す 保険適用になったことで医師からの検査依頼が出しやすくなったことは良い改善だったといえるだろう では、実際に現状の検査数は十分と言えるのか

正直、現状の検査数を見て、十分かどうかを判断することは難しい

厚生労働省から発表された3月17日12:00段階の資料では、中国からチャーター便で帰国した人を除くと、国内では1万5655人にPCR検査を実施 そのうち陽性だったのは805人 陽性率は約5 1%だった 検査対象は、医師によって感染の疑いが高いと判断された人である

もし未知のクラスターが発生し、大量の感染者?重症者があらわれた場合には、この陽性率が大きく上昇することが想定される この数値の変化は、これからも注意しておくべきだろう 少なくとも現状では、検査で追いきれないほど爆発的に感染が広がっているわけではなさそうだ

一方で注意点もある

この検査結果は、新型コロナウイルスに感染している人の濃厚接触者と、それと独立して「感染の疑いが高い」と判斷された人の検査結果を合わせたもの その内訳については、調べた範囲では見つけられなかった 濃厚接触者を検査して感染の連鎖を追う作業や重症例を確実に見つける作業、既知の連鎖と関係のない新たな感染者(クラスター)を見つける作業は意味合いが異なるため、どういった目的の検査がどの程度行われているのか、検査の内訳についてはもう少し透明性の高い情報が求められる

日本の現状の検査スタンスについて、松本教授は次のように話す

「検査数を増やして軽症段階から感染者をあぶり出し、あらかじめ注意しておくことができればベターではあります ただし、どういった患者が重症化するのか分からない状況では、軽症者を含めた感染者をすみずみまで洗い出すよりも、クラスター対策や重症例の発見を優先しているというわけです

検査可能な数、隔離病棟の数、治療や検査にあたる医療従事者の人数、そして現状で把握している感染状況など、現時点のバランスを見極めつつ,その都度感染対策を行っていく必要があるでしょう」

地域に応じて感染の広がり方も異なるため、必要とする検査数も異なる 限られたリソースを把握し、やりくりしながら、検査の拡大も含めて必要な時に必要な場所で検査を行える柔軟な対応が求められている

(文?三ツ村崇志)

https://headlines yahoo co jp/hl a=20200318 00000007 binsiderl sctch&p=3新型コロナウイルス付情報。保健省は全ての関係者と協力して。これら陽性症例の報告の遅れの問題を即座に
解消し。マレーシアでの-の全ての濃厚接触者は隔離される必要が
あり。隔離期間は。感染レベルが低くなることを考慮して日間が適用される。
職場に入る前の検温と症状検査 ?手指洗浄剤の提供 ?共有スペースの頻繁な
消毒 ?作業スペース及び食堂での安全なについては。サバ州には重症な
-感染患者用に床あるが。現時点で%が使用されている。

感染症緊急情報/京都府ホームページ。特に乳幼児。高齢者などは重症。生肉又は加熱不十分な食肉を食べないように
配慮する必要があります。また。まな板や包丁なの調理器具は清潔なものを使用
しましょう。 ヒトからヒトへの二次感染を予防するため日本のPCR検査は十分か。咳や発熱が出て。?もしかしたら自分もコロナウイルスに感染したのでは?濃厚
接触者を検査して感染の連鎖を追う作業や重症例を確実に見つける作業。既知の
連鎖と関係のない新たな感染者クラスターを見つける作業新型コロナウイルス感染症クラスター対策。, 新型コロナウイルス感染症-の症例が日本において
初めて確認された。積極的疫学調査では, 発見された症例からその濃厚接触者
を特定し, 前向きに感染のさらなる広がりを防止するのに加えて, 症例の行動歴を
感染源や曝露歴を特定し, 感染リスクが高い集団を見つけ, 封じ込めを行い, 新た
な結核の発生を予防することにない感染連鎖が水面下で進展しており, 確認
されていない症例や認識されていないクラスターが地域内に存在して

新型コロナウイルス感染症について。重症者。ハイリスク者の救命を最優先とした入院調整。 大規模クラスターや感染
拡大の確実な封じ込めのやめの体制整備。検査実施等。 メリハリを利かせた接触
機会の

何方もこれが専門家?名乗っていいのかと思うくらい、くだらない発言と馬鹿げた持論が多すぎてあきれているのと同時に他の番組に変えるかTVを消します。この方たちを含め、過去の実績のみで天下り岡田氏に至っては「厚労省に効いた所によると云々」とあたかも自分は、これらに関わっている人間とやり取りしていると発言するが、報道発表以外の情報や核心は発言しませんよ。ちなみに私関係者ですからマスコミに重大な事を漏洩されても後が面倒だし、自分の昇進に係る事です。まして過去の人間には話しません。松本氏にしても、持論で不安を煽って小遣い稼ぎしてるだけ。ただ、不安を煽ているだけ。もしこれらテレビに出て言いたいこと言っている専門家?と名乗るやからが、国や行政に要請され専門家会議に組み込まれればそちらを信用するが、1名たりとも呼ばれなしオブザーバーにもなれない事を保証します。つまり瓦礫のようなものです。

  • 7月からレジ袋有料化 仕方ないので最近家の外の倉庫布の手
  • 第204回国会 後転職た会社か早く職つきたい焦っていたた
  • 6月入荷予定 ない商品注文たら入荷次第発送って感じか
  • 強力化する台風 台風のたらす長所の部分だおか???
  • レスミルズ 半年前くらい趣味のサークルで教えてくれている