あなたが次に生まれる国 来世生まれてくる国とか性別とかは。生まれ変わるときは死んでいく時の気持ちと、母親となる女性の気持ちが共鳴した所に生まれるそうです。生まれ変わりについてなんですけど 来世生まれてくる国とか性別とかは選べるんですか あの世で どうなんですか詳しく教えてください 時間飛行。てくる前世の記憶。業。約束や因縁。そして現世と来世。これを占うのでは
なく。今のあなたから前世と来世をも「診断」するのです。前世の記憶。現世の
あなた。来世の期待からあなたの奥底に眠る本来の姿が見えてくるかもしれませ
ん…輪廻転生あなたが誰かの生まれ変わりであることを証明する5。輪廻転生を暗示するつの兆候我々が目を閉じて人生の終わりを迎える時。意識
霊魂が体から離れに放出され。その上方の一部が誰かの肉体に張り付くこと
で。前世の記憶をもつ人間が生まれてくる」という仮説を唱える学者もいる。
これまで経験したことのないはずの行動やシチュエーションが出てくる同じ夢を
繰り返し見ることがあれば。可能性はさらに高くなるだろう。幽霊。人の魂は
ヒト型を選び宿っている為来世は猫や虫になるとかは不可能かと

もし。自身の性別に疑問を持っている」か。「今の性別で生きていけない方」が多いと
思います。来世でどうこうよりも。むしろ現世で女装とか性転換手術とか
ではなく「目が覚めたら異性だった」っていうパターンのほうがイイなあ。
ただ毎月くる女の子の日の。痛みや吐き気や寒気などに襲われる夏場でもアンカ
やカイロ。コは必須だし酷いと動けない。痛み止が効かないとかと後悔し
ているので。本当に来世が存在するなら女性として生まれて人生再出発したい
ですね…あなたが次に生まれる国。来世で生まれる国地域を。人口比を元に占ってみます。 年の各国の人口
及びその総計を元に結果の分布を決定していますので。出現確率はかなり厳密
です。 バチカンは出生により国籍を取得できませんので除外しています。結果に

来世って。彼と恋人同士のときに「次に生まれてくるときも一緒になろうね」とか「前世
からの因縁だよね」なあんて歯の浮くような言葉を使った記憶が誰しもあるかも
しれません。僕たちって。前世とか来世とかを普通に前提にして過ごしてます
よね。

生まれ変わるときは死んでいく時の気持ちと、母親となる女性の気持ちが共鳴した所に生まれるそうです。これを感応妙と言います。感応とは相手が楽しそうにしていればこちらも何となく楽しい気分になり、悲しそうにしていれば悲しい気分になるようなものです。死にゆくときに多くの人に感謝されながら幸せな気持ちのまま死んでゆけば、母親となる女性も多くの人に祝福されながら幸せの中で出産していることになります。反対にだれにも看取られることなく一人寂しく死んでゆけば、母親となる女性も一人寂しく出産していることになります。趣味が同じ人が引き合うように同じ境遇の人どうしが共感し引かれ合うのです。ただ仏教では感応し合うのは人間だけとは限らないと言っています。 日本人は死後の世界を「あの世」とか「霊界」と考えているように感じますが、仏教は生まれ変わるまでの間であり、あの世がどうなっているかと言うと、夢を見ているようなものだそうです。前日に楽しいことがあれば楽しい夢を見、辛いことがあれば悪夢にうなされる。死は睡眠に似ていると説いています。睡眠を挟んでいても昨日と今日が継続しているように、生と死も今世と来世は断絶しているのではなく継続しているのです。前日いやなことがあれば朝目覚めたときに気分が悪いのと同じで、前世も今世も来世も断絶しているのではなく「あの世」を挟んで連続しているということです。テレビで前世のことを記憶している子供の前世の記憶をたどる特集番組を見たのですが、生まれ変わるまでに50年くらい要しているようでした。仏典によると成仏できた人は四十九日と言われていますが、地獄に落ちる人は何百年もかかるようです。並行世界を股にかける可能性もあるのではないかと考えます空間は無限だとすればそして相対的空間移動関係のタイムスケールは極限から極限へ限りなく永遠の時もあるタイムスケールの空間では限りなく瞬間の時になってしまう無になった瞬間全空間のどのタイムスケール上に属する存在の無とも言えなくなります無は限りなく永遠の無も限りなく瞬間の無も全空間的には同じものという事になってしまうのです実に奇妙ですが事実ですアインシュタインの相対性理論はこのような関係存在をも空間上には存在する事を証明していますすでに物理学的にも証明はされてはいるのですがほとんどの人のイメージはこの領域に届いていない印象なのです仮に霊界というものが存在する場合おそらくはこの全空間上に存在するタイムスケールの更に別ベクトル上に存在する空間位置という事にでもなるのではないかと思います個人的には転生が存在すれば並行世界で男とか女の変動範囲も存在し人種も変動範囲に含まれていると思いますこの世の自分自身の上位互換か下位互換の自分自身そのもので決して他人には生まれ変わるというような事にはならないでしょうなんらかのエラーが生じれば障害者になって生まれてしまうかもしれないしまあそんな感じになるのではないかと思います仮に霊界が存在すれば覚醒状態MAXになると想定されるのでこの世の自分自身の最上位互換の実体にでもなるのでは選ぶ事は可能ですが貴方が今世で日本を選んでいるのにも理由があります。親和性と言う物が有って貴方はこの日本に親和性を感じていたと言う事ですね。おそらくですが来世も日本を選ぶと思いますよそれは、この日本に愛着のような物を感じるからです。徳を沢山積んでいればいるほど来世の選択権が得られます。来世の願いを神様に聞いてもらえます。霊能者の本には、あの世に行って、今世の行いから来世の行き先を審判されると書いてありました。その後、好きなことをしたあと、今世の記憶が消されて、来世に生まれ変わるそうで、人間界の100日~3年くらいでまた生まれ変わるそうです。あの世の1日はこの世の1年くらいの長さだそうで。※ … 人間の身体が消滅しても魂心は霊魂として永遠に生き続けると聞きます。其の永遠に生き続ける霊界こそが人間の永遠の住処ですが、霊界から地球上に再生はしても、あなた自身が国や性別を選べる様な仕組みでは有りません。あなたの身体は二度と地球上に戻ることは無いそうです。高級霊として階層の高い霊が、霊界の許可を得て、地球の人間の成長を助ける様な任務を背負っての再生のみが有り得る様です。… 霊界こそ人間にとっての本来の世界 …スピリチュアリズムが明らかにした真実の一つは、「霊界こそが人間にとっての本来の世界である」ということです。人間についての第1番目の定義は――「人間は霊的存在である」というものでした。それは人間にとっての本来の住処は、この地上世界ではないということを意味します。「霊的存在である人間にとって、霊的世界が本来の住処である」ということは、分かってみれば至極当然のことです。人間は神によって「霊的存在」として造られました。“神の分霊”を付与され、永遠の生命体として存在することになりました。私たち人間は、わずかな地上人生を終えたあとは、霊界において永遠に生き続けることになります。霊界での生活に比べ、100年にも満たない地上人生は、本当に一瞬の仮の世界にすぎません。地上人生とはまさに、永遠の旅路における一時の逗留先のようなものなのです。人間は死後、誰もが本来の世界である霊界に戻ることになります。地上人にとってそれは、全く見知らぬ遠い世界に赴くように感じられるかもしれませんが、そうした考え方自体が実は錯覚なのです。死によって人間は、本来の世界に戻るだけのことなのです。その意味で“死”は、素晴らしい永遠の住処に帰る喜ばしい出来事と言えるのです。… 人間は霊界で永遠に生き続ける …いったん大霊から分離し独立した瞬間から、人間は「個別霊」として永遠に生き続けることになります。今、地上世界で生活している私たちは今後、何十万年、何百万年、何千万年、そして何億?何十億年……と存在することになるのです。私たちが消滅してしまうような時は決してやってきません。何百億年か先に、地球や太陽系が滅び、宇宙全体が消滅するようなことになったとしても、人間は「霊個別霊」として霊界で永遠に生き続けます。霊的存在として造られた人間の寿命は無限であり、太陽系や宇宙よりも永いのです。神の分霊として生み出された人間とは、何と素晴らしい価値を持った神秘的な存在なのでしょうか。… 地上世界は永遠の霊的進化の道の出発点 …私たちの住む地球物質世界は霊界と比較したとき、きわめて次元の低い世界です。ある意味で地上世界は最も低い霊界?最も低次元の界層と言うことができます。私たち人間は、そのきわめて低い世界への誕生を契機とて神の分霊を付与され永遠の個的存在となります。物質世界へ誕生した人間は其処を出発点として永遠の霊的進化の道を歩み始めることになるのです。天使は物質世界に誕生することなく、霊界で誕生し、霊界で永遠の霊的進化の道をたどります。この点で、人間と天使は根本的に異なります。一方、人間が存在する天体は、地球だけではありません。広大無辺の宇宙には、人間が住む数えきれないほどの天体が存在します。それらの天体の住人も、私たち地球人と同じようにその天体物質世界への誕生をもって“神の分霊”を付与され、永遠の個的存在としての歩みを始めることになります。今はさまざまな理由から、そうした他の天体の人間宇宙人との交流はなされていませんが、いずれの天体においても地球と同じく新しい魂が誕生し、それによって個別霊の数が増加するようになっています。… 地上世界の、もう一つの存在目的 … 物質世界は、霊界における永遠の人生のための出発点となっています。新しい魂が生まれ「個別霊」として出発する所が物質世界地球や他の天体であり、それが物質世界の 存在目的の一つです。物質世界には、もう一つの存在目的があります。それは「神の子供」として誕生した人間が、その後の永遠の霊的進化の歩みに備えて基礎的な霊的成長をなす場所である、ということです。最も幼い神の子供が、それに見合った成長段階を歩むにふさわしい場所として造られたのが物質世界なのです。すなわち地球や他の天体物質世界は、新しい魂が誕生する場所であると同時に、それらの魂個別霊が初歩的な霊的成長をなすための“訓練場所”として造られているということなのです。このように地球をはじめとする物質世界には、2つの存在目的があります。一つは「新しい魂を誕生させて、個別霊を増加させる」ということ、もう一つは「神の子供として誕生した個別霊が、その後の永遠の霊的進化の道を歩むために必要な基本的な霊的成長をなす」ということです。地上に誕生した人間が、こうした神の意図した目的にそって基本的な霊的成長を達成するなら、霊界において永遠の霊的進化の道を順調に歩み出すことができるようになります。しかし重大な結論を言えば、これまで地球に誕生した大半の人間が、必要最低限の霊的成長のプロセスを全うすることができませんでした。そのため基本的な霊的成長をなすことを目的として、何度も地上人生を送らなければならなくなりました。それが物質世界への「再生」なのです。再生は現在の地球上では神秘的な出来事のように思われていますが、実はそれは地球人として生まれた新しい霊が、最低限の霊的成長を果たせないために仕方なく繰り返されている現象なのです。実は再生という現象は、地球よりはるかに霊的に進化した他の天体においても見られます。そうした天体物質世界でも、やはり基本的な霊的成長をするために引き起こされますが、そこでの再生の期間は地球に比べ、ずっと短くなっています。 … 地上人の心と霊体は、今この時も霊界に存在する …霊界の存在を信じている人は死後、霊界に行って今とは全く違う人生を歩み始めるようになることを知っています。しかし勘違いしてはならないのは、私たちは実際に今、地上世界に生きていると同時に、霊界にも存在しているということです。私たち地上人は、肉体と霊体の二重構造から成り立っていますが、「霊体」やその中にある「霊的意識霊の心」は、今この時も霊界に所属しているのです。霊体は霊界に、肉体は物質界にというように、人間は霊界と地上界という2つの世界にまたがって存在しているのです。私たちは今、いろいろなことを考えていますが、その思考の多くが「霊的意識」――すなわち霊界に所属する「霊の心」から発しています。不思議に思われるかもしれませんが、私たちの身体の半分は霊界にあり、半分は地上界物質界にあるのです。地上人は肉体に包まれ“脳”という物質器官を通じて意識を自覚するようになっているため、自分が霊界に半分足を踏み入れ、霊界で思考活動をしているなどというようなことは夢にも思いません。しかし、それは事実なのです。こうした点から見れば、私たちは、すでに立派な霊界人と言えます。あるいは一時的に肉体をまとった特別な霊界人と言えるのです。 … 霊界の存在を知らないことは最大の悲劇 …現在、地球上に住む人間の中で、霊界が本来の世界であることを知っている人はほとんどいません。霊界が本来の世界であり、しかもその世界が素晴らしい所であることを知れば、誰も“死”を恐れるようなことはなくなります。それどころか“死”を地上人生のご褒美として、楽しみに待つようになるはずです。これが摂理にそった人間のあり方です。しかし地球上の大半の人々は死を恐れ、死を特別な出来事のように大げさに考えています。あまりにも的外れな考え方をして、自分自身の首を絞めることになっています。霊界の事実を知らなかったために、あるいは霊界の存在を信じてはいても間違って理解してきたために、どれほど無用の苦しみと恐れを抱いて生きてきたことでしょうか。また、地上の富や名声といった霊的には何の価値もないものにとらわれ続けてきたことでしょうか。霊界が私たち人間にとっての永遠の住処であることを知らず、死をむやみに恐れることは“悲劇”としか言いようがありません。それが判るのは、おそらく預言者?霊能者…辺りではないかと思います。仮にそういう人が言ったとしても何の「根拠」もない言わば「想像」でしかありません。実際に、もしかして予言したことが、合っていたとしても本人には分りませんし周りの人にも分かりません。もし生まれ変わりが人間ばかりとは限りません。もしかして海で泳いでいるアジとかサンマなのかもしれませんし、トラやシマウマ…などかもしれないからです。それは「もし神がいたとすれば」神が、その人が在生期に生きている時どういう生活をしていたのか…を見て、例えば誰かを殺して死刑なったような人なら、もしかして輪廻転生は柿の木とか雑草に生まれ変わらせるかもしれませんし、良い事ばかりして生きてきて、皆の手本となるような人だともしかして天皇の長男として生まれるように仕向けるかもしれません。そもそも輪廻転生=地獄?餓鬼?畜生?修羅?人間?天上…のことで「六道」と言われています。生まれ変わりは本来、あの世を否定する考え方でした。この矛盾する両者を結びつけてしまったのがスピリチュアリズムです。ですから、まったくのインチキなのです。

  • ガイアの夜明け 日時指定な追跡で調べる発送された日の夜輸
  • よろず相談箱 かなり腫れていてだいぶ痛いの病院行った方い
  • 広瀬アリス 巫女っちゃんの面白いでょうか
  • 設置数は世界NO ある日の昼頃俺喉渇き自動販売機探見つけ
  • BFVBattlefiled 調べたかんじでバトルフィー